医療系の資格で取得しやすいものは?

医療系の資格は、あれば就職に困らない。医療業界は人手不足が激しく、基本的にはどういった職種でも年中募集がされているからだ。一般の企業で正社員になるのは難しいが、医療系の資格を取得すれば、将来まで安定して働いていくことができる。
ただ、医師になるためには非常に高いハードルがあるのは当然のことである。しかしその分、医師になれば年収1000万円以上を稼ぐことはそれほど難しくない。自分の病院を立ち上げることに成功をすれば、2000万円以上稼いでいくことも夢ではない。ただ、医師になるにはよほどの頭脳がないと無理である。
医者になることに抵抗があるのなら、コメディカルスタッフを目指した方がいいだろう。コメディカルスタッフというのは、看護師や作業療法士、理学療法士や放射線技師のことで、医師ではないが病院には必要不可欠な人たちのことである。こうした仕事はほとんどが専門学校に通ってしっかり勉強をすれば、取得できるためオススメだ。資格を取得すれば、生涯的に安定した生活が期待できるため若い人たちにも人気が高い。
とくに看護師は、専門学校のなかでも珍しく国公立の学校があり、学費が低く抑えられるのがメリットだ。作業療法士や理学療法士の専門学校は、年150万円以上もの費用がかかるが、国公立の准看護学校なら年間20万円程度の費用で済む。全寮制の学校も多いので、お金がなくても安定した職に就けるだろう。そうした面を考えると、准看護師は元々低所得者でも逆転が可能になる職業だといえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です