自分に合った資格を探そう

高齢化により需要が見込まれる医療や福祉のお仕事。資格を取って働く専門職が多いため、一度職を離れたとしても復帰しやすく女性にも人気が高い。では、具体的にはどのような仕事があるのだろうか。また、どうやって自分に合うものを選べばよいのだろうか。
医療系で女性に人気があるのが看護師だ。看護師は3年、准看護師は2年学校に行き試験に合格すれば取得できる。リハビリテーションに関わる理学療法士や作業療法士も3年学校に通って試験に合格することが必要だ。社会人が転職を考えて学校に入り直すことも多いため、これらの専門学校は社会人入学を積極的に受け入れているところが多い。資格取得までは大変だが、やりがいもあり、転職にも困りにくいのが魅力的だ。
直接看護や介護に関わらない仕事としては、医療事務や介護事務などがある。病院や介護施設で事務職として働きたい場合にはぜひ取得しておきたい。また、病院や介護施設の相談員として働きたい場合は、ケアマネジャー(介護支援専門員)や社会福祉士がおすすめだ。これらの仕事は利用者の相談を聞き、利用できる制度やサービスを紹介して使えるようにする役割が中心になる。
比較的簡単に取得できる資格としては介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)がある。自分に医療や福祉の現場が合うのか自信がない場合は、介護職員初任者研修から始めて様子を見ながらステップアップを図ると良いだろう。様々な職がある分野だからこそ、仕事内容を知り自分の条件に合うものを考えてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です