仕事のミスマッチを防ぐには

資格を取得しても役に立たなかったという経験をしたことがある方も多いであろう。取得のための勉強では基本的な知識を入れるだけで、現場で役立つ技術にはなかなか繋がらない事態になりがちだからだ。キャリアアップや就職のために頑張ってもなかなか成果が出ないというときは、現場で求められているものと学んできたことがかけ離れてしまっていることが多い。
実際に現場を体験して学べることも多くあり、そういった機会を取得までに設けている資格であれば、比較的仕事へとつながりやすい。特に医療関係、福祉関係は取得までに実習という形で現場を経験するものだ。そのため、取得している人にはある程度の経験があると見なされることが多く、採用でもプラスに働くことが多いのである。
また、最近は若者の離職率の高さが話題となっている。終身雇用制度が崩壊した今、「仕事が自分に合わない」という理由でやめてしまうことは珍しくはない。実際に、現場に立ってみると理想と異なっていたという事もたくさんあるのだ。そうならないために、仕事に就く前に資格取得の段階で実践を体験しておくことによって、こうしたミスマッチを防げる可能性も高くなる。
医療や福祉は人に直接かかわる仕事であり、知識や技術以上に人と接する適性も必要になるといえる。そのため、やはり仕事に就く前にこうした資格取得を目指して現場を体験していくことが大きな意味を持つのである。安定した将来を考えて勉強を考えるなら、こうした医療福祉分野から始めてみるとよいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です